お店探訪『酒膳 坊気門』(1)

焼いてよし、煮てよし、揚げてよし!
「牛タン」の奥深さを
味わい尽くしてください!

「坊気門」は何と読む?

鹿児島焼酎の「ぼっけもん」

 

「坊気門」は、「ぼっけもん」と読みます。鹿児島弁で、勇気や冒険心のある人を指す言葉だそうです。当地では具体的に西郷隆盛さんのような人柄を意味するのだそう。

この反面、後先考えずに行動するやんちゃな人をも指すことがあるそうです。

「手持ち金100万円で、結構でっかい借金を抱えて牛タン店を開くような、私のような人間のことですよ」と、マスターの福元さん。もちろんのこと、ご自身も鹿児島出身です。

それでも、焼酎の銘柄に「ぼっけもん」があることはご存じなかったそうで、店を開いてからお客さんに教えてもらったのだとか。

 

牛タン店、事始め

洒落た造りのひろーい店内

 

新丸子といっても、武蔵小杉駅の方が近いくらいの場所にあり、とても洒落た店内。ここは、11年前に移転した新しいお店になります。以前は、もっと新丸子よりにありました。

「 前の店をオープンしたのは、30年前かなぁ。そもそもは大学入学で上京し、法律を勉強していたのですが、先輩に誘われて居酒屋の仕事を始めることになったのです。それから飲食の仕事が面白くなって、いつの間にか、この道に・・」

その後、二子玉川園にあった火独楽(ひこま)という牛タン店で仕事をする中で、牛タンの魅力に取りつかれたのだそうです。

「焼いてもいいし、煮てもいい、揚げてもいい。おどろくほどバリエーション豊かな料理を楽しめる、そんな奥深さにハマりました。なので、お客さんには、いろいろな料理法を味わっていただきたいですね」

 

 

旧・店舗をパノラマでご覧ください

前のお店は、こじんまりして奥に長い店で、まんなかに大きなテーブルがどっしり置かれていました。
2009年当時のようすを写真道場さんが撮影していましたので、360度パノラマでご覧ください。
当時を知る人はきっと懐かしめるはずでよ。

ブラウザの全画面でご覧になる場合は、コチラをクリック!

2回目につづく

  •  新丸子駅東口、徒歩6分。武蔵小杉駅北口、1分
  • 電話 : 044-789-8856
  • 定休日 : 火曜日(月曜が祝日の場合は営業し、翌日休み)
  • 営業時間 : 11:30-14:00(L.O.13:30) / 17:00-23:00 (L.O.22:30)
  • 住所 : 川崎市中原区新丸子東2-907コーポ四季 C
  • WEB http://shuzen-bokkemon.jp/
タイトルとURLをコピーしました