お店探訪『酒膳 坊気門』(2)

定番は「タン塩焼き定食」!

定番「タン塩焼き定食」

 

お昼も夜も、おなかが一杯になって大満足なのは「タン塩焼き定食」です。牛タン塩焼き×麦とろの組み合わせは、見事なハーモニー♡ これに、坊気門特製のカニ味噌汁も絶妙な按配。

「牛タンと麦ごはん、そしてとろろの組み合わせは、もとも仙台で始まったものです。戦後の物資が不足していた時代に、栄養価抜群の食べ物だっのでしょう。」

仙台名物といえば、牛タンですよね。

「でも、2000年初めに狂牛病騒ぎが起きたとき、仙台の牛タン店の60パーセントが倒産したといいます。私たちも、本当に厳しかった。お客さんがぜんぜん来ませんでしたから。まあ、なんとか乗り越えられましたが、しかしまた、今度のコロナですからねぇ・・。」

 

牛タンは何枚?

枚数の違いに注意!

 

「ちょっとわかりづらいんですが、単品と定食、さらには同じ定食でも昼と夜で、牛タンの枚数が違います。」

例えば、タン塩焼き定食。お昼は9枚。夜は11枚。サラダやとろろなんかも、お昼は少し少なめだそうです。お昼の方がサービス価格になっていることもあるみたい。

「常連さんにもあまり知られていないかもしれませんが、実は1.5倍メニューというのもありまして、これが結構反響があって人気なんです。」

お値段は1.5倍にはならないので、ガッツリ食べたい方はぜひチャレンジを!

薄めの肉にザワクラウドを乗せて

付け合わせのザワクラウドも絶品

 

塩焼きに使う牛タンは、ちょっと薄め。

「素材の味がしっかりわかり、それなりの歯ごたえで、お子さまやお年寄りも食べやすいよう、2.2ミリにしています。」

付け合わせのザワークラウトも、坊気門オリジナル。

「キャベツを塩揉みにして、ぐいぐい絞って塩抜きをして、甘酢につけ込んで作ります。これが結構な力仕事でして、本当に汗水たらしながら心を篭めて作っています。」

柔らかな肉の上に少しだけ乗せて召し上がれ~。焼酎でも、ワインでも、日本酒でも、どんなお酒も合いますよ。

分厚い「芯タンステーキ」

暑くて歯ごたえのある牛タンステーキ

 

塩焼きは、食べやすさと味わいを優先した2.2 ミリ。

これに対して芯タンステーキは、グッと歯ごたえ、食べ応えのある厚さ6.5ミリ!

「厚いので、中に閉じ込められた肉汁が、ジューシーに口の中に広がります。さっぱりした、すりおろし野菜入りの特製タレでお召し上がりください。」

こちらも、昼、夜で枚数が異なりますから注意してくださいね。食べやすいよう、それぞれを半分にカットして出していただけます。

 

 

3回目につづく

  •  新丸子駅東口、徒歩6分。武蔵小杉駅北口、1分
  • 電話 : 044-789-8856
  • 定休日 : 火曜日(月曜が祝日の場合は営業し、翌日休み)
  • 営業時間 : 11:30-14:00(L.O.13:30) / 17:00-23:00 (L.O.22:30)
  • 住所 : 川崎市中原区新丸子東2-907コーポ四季 C
  • WEB http://shuzen-bokkemon.jp/
タイトルとURLをコピーしました