お店探訪『エピリリ』(2)

消しゴムはんこはこうしてできる!

ちいさいのから、おおきいものまで・・

 

2016年、消しゴムはんこのワークショップに参加してから、もろにハマってしまった牧野さん。

「それまでは手帳メーカーで『手帳』を作る仕事をしていましたが、その出先で消しゴムはんこワークショップに出会ったのです。」

もともと、「手作り」は好きだったといいますが、尋常ではないハマり具合だったようです。ちょっとそのワザの片鱗を見せていただきましょう。

デザインを「転写」

元の絵を消しゴムに写します

 

「いろいろな方法があるのですが、紙に鉛筆書きして、これを消しゴムに押しつけるだけで、左右が反転した絵柄が写ります」

 

アートナイフ一本彫り!

さくさくすごいスピードです

 

下絵が写せたら、アートナイフを使ってさくさく彫り進めます。

いやはや、その速さのすごいこと。

「ナイフは動かさず、消しゴムを動かすのがコツですよ」

溝の部分を取り外す!

掘ったパーツを外します

 

当然ながら、印影にならない部分は「溝」になります。

牧野さんの手先を見ていると、何度も調整しながら彫っているのではなくて、ほとんど一筆書きのように彫り進めているのです。だから、こんな具合に、取れる!

まさに超絶技!

一筆書きならぬ、一刀彫り!

 

とにかく、写真をご覧あれ!

溝の部分が紐のように取り外せるのです。超絶技としか言いようがありません。

完成だー!

できた! 後は微調整だけ。

 

と、あれよあれよと言う間に完成!

コロナの影響で人数制限をしていますが、時々ワークショップも開催していますので、ご興味のある方は参加してみてくださいッ!

 

彫った残りを組み合わせみた

絶句するしかないですね

 

彫った残りを組み合わせてみました。「まゆみ」が読めます。もう少し時間をかければ、もっとぴったりできたかも。

消しゴムのカスというより、これ自体がアートのようです。

3回目につづく

  •  新丸子駅東口、徒歩4分。
  • 電話 : 044-948-5451
  • 定休日 : 日曜祝日
  • 営業時間 : 11:00-17:00
  • 住所 : 川崎市中原区丸子通1-640
  • WEB https://www.epilyri.com
タイトルとURLをコピーしました